トップ宣教活動 / 2022年5月 遍く伝道

2022年5月 遍く伝道


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

5月15日(日曜日)公园 遍く伝道

5月15日は、浜松国際キリスト福音教会で、月に1度公園に福音伝道へ行く日に当たりました。

今回はダビデさんも、私たちの福音伝道チームに参加されました。彼は日本生まれで、中国でも16年暮らしていましたので、中国語と日本語の両方で話せます。またダビデさんはカーラさんの従兄弟でもあります。

また静岡大学の留学生で、王姉妹もチームに参加して下さいました。神さまが福音伝道に、新しい力を備えて下さったことに感謝いたします。目的地に着くと、直ぐ共に祈り、2人ずつに分かれて福音伝道に出かけまし た。私たちとの会話を喜ぶ方もいれば、喜ばない方もいます。私たちとの会話を喜んで下さった方には、自分たちの証しと福音をお伝えしました。

3時から4時は自由伝道、4時から5時は、新しい福音伝道を試みる時間としました。
この度始めて公園の芝生の上で、紙芝居を使い、”失われた子羊”と”3人の博士がイエス様にお会いした”話しをし、その後も1対1のインタビュー形式で主を信じた証しを分かち合いました。ある人は側のベンチに座って私の証しを聞いて下さいました。

聖書の物語や素晴らしい証しを聞き、その方々が皆イエスを知りたいと望まれますように。彼らの心の中に主が働かれ、新しい命を与えてくださいますように。

福音を伝道する過程で、横浜や愛知県から来られたご家族や、カナダ、アメリカ、ブラジルなど世界各国から来られた人にお会いしました。

全ての国、全ての国民が主の救いを知り、主の御名が、全ての民族、全ての言葉、全ての人々、全ての国において崇められますように!

この日はちょうど兄弟のお誕生日だったので、スイカを用意し、一緒にお祝いしました。
この素晴らしい日に感謝いたします。

福音を伝える喜びを経験させていただき、主の恵みに感謝します。

正に”ローマ人への手紙10章15節”にあるように、”遣わされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。’あぁ、麗しいかな、良き訪れを告げる者の足は’と書いてある通りである。

2022年5月15日 浜松

2022年04月聯合お祈り課題

  • 祷り内容
    • 富山安提阿教会の為に祈る。
    • 长野松本耶稣爱教会の為に祈る。
    • 饭田基督教会の為に祈る。
    • 駒ヶ根アルプスシオン教会の為に祈る。
    • ロシアとウクライナの戦争のことを神様に祈る。
    • 全世界の為に祈る。
    • 日本の為に祈る。
    • 中国コロナのことを神様に祈る。
    • イスラム教徒の為に祈る。
    • 中国教会の為に祈る。
    • 青少年とキャンパスフェローシップの為に祈る。
    • コロナ禍の在日中国人の為に祈る。
    • 日本にいる中国人の伝道活動の為に祈る。

お祈りの一覧へ