トップ宣教活動 / 2022年4月 遍く伝道

2022年4月 遍く伝道


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

4月21日(木曜日)上野公園 遍く伝道

証し:玉静姉妹
4/21(木)上野公園の福音伝道で体験した、感動をシェアしたいと思います。
神の御恵みに感謝します。この日は聖霊に導かれ、7名の姉妹と兄弟お1人が参加しました。
私たちは3グループに分かれ、その内私と朴美紅姉妹、陳鴻苗姉妹が一緒のグループになり遍く伝道を始めました。公園はご年配から子どもまで、多くの人で賑わっていました。中でもご老人や中、高校生が多い様でした。私たちは出会う人に、”イエス様は貴方を愛しています!キリストの福音です”と言ってトラクトを配りました。配ったトラクトを一瞥して受け取る人もあれば、受け取らないまでも笑顔で“ありがとう”と言ってくれる人もいて、私たちも励まされました。
噴水の近くには、男女の学生さんたちが多く座っていて、私たちは漫画のトラクトと福音の小雑誌を、ひとりずつに渡しました。そのうち中3の男子生徒2人は、真剣に読んでくれただけでなく、イエス様のことについても私たちと話しをし、サンタが好きだと言うので、この機会にイエス様が何故この世にいらしたのかと福音を伝えました。彼らは皆信じると言いました。その内の1人は、両親もイエスが神であり、最も偉大な素晴らしい神であると信じていると言いました。
神がその憐れみにより、その学生の一家を救われます様にお祈りします。ハレルヤ。
鴻苗姉妹はトラクトを配る際、2人の中国人女性と出会いました。その1人は来日前、上海の教会に通っていましたが、日本に来てからまだ教会に行った事が無く、教会を探してるところでした。神に感謝します。彼女の住まいが王子駅近くだと知り、李建宏牧師と連絡を取るとともに、教会のQRコードのある福音トラクトをお渡ししました。神が彼女の歩みを導き、崇恩堂教会で礼拝ができますように!
また私たちはある日本人と出会いました。この方はトラクトを受け取ると足を止め、私たちとイエス様の話しをされました。彼はコロナ以前はずっと新宿中央教会に行っていましたが、コロナが原因で教会へ行かなくなりました。そのご老人はハッキリと、しかし真剣に私に向かって言いました”今日に至るまで、主の御恵みと力を頼みに生活している”と。私達は彼を教会に招き、感謝にも、喜んで行くとの事で、連絡先や名前を交換しました。感謝な事に、この様な福音伝道の過程で、霊的な戦いはありますが、溢れる主の導きと御恵みにより、多くの収穫がありました。また多くのトラクトや福音の小冊子を配りました。心から感謝します。
神の不思議なお働きとみ力を賛美いたします。すべての栄光を神様に帰します。アーメン。

証し:马姉妹
21日に福音の伝道を予定していた為、毎日天気予報を気にしていました。当初午後12時から降り出すとしていた雨の予報は、最終的に15時になりました。20日の夜には、明日の福音伝道はあるのかと姉妹に訪ねるつもりでしたが、祈りつつ神に委ねることにしました。神が私達の為に全てを整えて下さり、上野の福音伝道は予定通りに行われると信じています。
ハレルヤ!朝から快晴です。天の父は私達に嬉しい喜びを持って、神が私達の祈りを聞き、私たちを顧みて下さっている事を経験させて下さいました。
上野駅で兄弟姉妹と合流して、お祈りの後に、李絹姉妹、錦婷姉妹と同じグループになりました。私が日本語(4種類の版本)、中国語、韓国語のとトラクトを用意し、錦婷姉妹も英語のトラクトを用意してきていました。感謝な事に、直ぐに私たちは一連の中学生に出会いました。李絹姉妹と錦婷姉妹は、す速く積極的にトラクトを配りました。本来福音伝道は、神の大いなる業ですから、私たちはただ自らの心を捧げれば、神は喜び受け入れ祝福して下さいます。錦婷姉妹は英語のトラクトを配りました。私たちは持参した日本語のトラクトを、全部配り終わってしまいました。行き交う人を見て、家に帰るのがもったいない気がしました。
今日トラクトを受け取った人は、嬰児を抱えたお母さんから、白髪の老人までいらっしゃいました。トラクトを受け取ると直ぐ座って読む人もいました。トラクトを受け取った人達が聖霊に導びかれ、真理を認識し理解する事が出来ますように!イエス様を受け入れますように!神はまた私たちのグループに、3名の主を信じる決心をされた、ご老人をお与えになりました。今日私たちは神に仕えながら、新緑や暖かい日差しを楽しむことが出来ました。神の創造されたものは、全てその時にかなって美しい。主に感謝と賛美を捧げ、全ての栄光を父に帰します。

証し:大野弟兄
神様の御恵みに感謝致します。兄弟姉妹が皆、主と主に造られた魂への熱心さを持って、一つとなって主の福音を伝道しています。福音の種を蒔くことは、とても重要な事です。
私たちが今日最初にお会いしたのは、その場で主を受け入れる決心のお祈りをされた、年長の方でした、彼は聖書の物語の知識を多少持たれている方でした。こういう場合は福音の話題に入り易いのです。エバンジェキューブを使って、人間の罪に対する神様の救いは、イエス様を信じる事により成就されるという短めの説明をしました。
イエス様を信じ永遠の命を得るのは、ただ神からの一方的な恵みである事を強調し、優しく愛を込めて尋ね促しました、“貴方はこの全くの御恵みをお受けになりますか?もし受け入れられるなら、私達と共に決心の祈りをしましょう!”と。
この方は喜んで同意され、私たちと共に一字一句お祈りしました。私たちが公園に着いてすぐ、救われるべき魂に出会わせて下さったことを主に感謝いたします。私達の福音伝道の喜びと勇気を一層増して下さいました。
今日もたくさんの中、高校生に出会いました。彼らのうちの多くがトラクトを受け取り、なかでも3人のかっこいい高校生の男の子は、クリスマスのサンタとイエス様の関係をじっくり聞いてくれました。ある程度理解された様に見えました。
彼らが家に帰って、興味を持ってよくトラクトを読んでくれると信じています。主よ彼らを導いてください。
今日は8名の兄弟姉妹が上野公園でトラクトを配り、なん往復が繰り返し、女子学生が“今日の公園は聖書の宣伝だらけだね”と言うのを聞いた程です。
主の導きに感謝致します。福音の種が日本に、特に日本の若い学生さん達の心に届き、根を張り芽が出ますように!私達の様に福音により救われますように!神様の御名が日本でも讃えられます様に!誉めうたおう!ハレルヤ!感謝を捧げます。

4月6日(土曜日)遍く伝道

4/6静岡掛川の葛兄弟ご一家から、遍く伝道の吉報です。
今日は教会での聖書研究会の日ですが、母はトラクトを配り行くので、早めに家を出ました。
沿道のマンションのポストにトラクトを投函し祝福の祈りをしました。“神と聖霊により、トラクトを受け取った住民が導びかれ、トラクトを真剣に読み、主を知ることが出来ますように!”これは、うちの子どもの祈りです。

2022年09月聯合お祈り課題

    • 沖縄611霊糧堂世界宣教教会 — 蘇蘇姉妹
      • 1 沖縄には多くの教会があるが、祖先崇拝やユタによる占いも多くある。地元の方々が偶像崇拝を除く事が出来る様に祈る。
      • 2 沖縄のシングル家庭の為に祈る。
      • 3 沖縄の華人の救いの為に祈る。
      • 4 沖縄に華人教会(華人牧師)が起こされる様に祈る。
      • 5ワールドミッションクリスチャンスクールの為に祈る。
    • 沖縄611ネットワーク教会
      • 1沖縄Agape611霊糧堂
      • 2 沖縄聖泉611霊糧堂
      • 3 沖縄御国611祈りの家霊糧堂
    • 沖縄白い家フェローシップ教会
      • 1 沖縄の霊的リバイバルの為に祈る
      • 2 キリストの各宗派、教派が主の下に一致し、主の栄光が現れる様に祈る。
      • 3 白い家が“父の家”となり、事故災禍なく、一切の資金、物資的な必要に満たされる様に祈る。
    • その他の祈り:
    • ロシアとウクライナの戦争終結の為に祈る
    • 世界中に宣教奉仕活動の為に祈る
    • 世界中のコロナ終息の為に祈る。
    • 中国の為に祈る
    • 日本の為に祈る
    • 来日留学生たちの為に祈る。
    • 次世代の⻘少年たちの為に祈る。
    • コロナ禍の在日華人の為に祈る。
    • 日本の芸能界の為に祈る。

お祈りの一覧へ